キャリアアップ

【飲食業界で転職を考えている方必見!】キャリアを自分で開発する方法

こんにちは!
飲食・観光業界のキャリアにエールを送る!
フードキャリエールのキャリアコンサルタント宮原です。

私は、料理専門学校を卒業して飲食業界で5年と、
転職して人材業界で6年働いた経験から、飲食業界に関わる人のキャリアにエールを送るために、情報発信からキャリアカウンセリング・コーチング・ワークショップ運営などを行なっています!

  • 自分のキャリアって何なんだろう?
  • 仕事辞めたいけど、この後どうしよう?
  • 自分のやりたいことって何だろう?
  • キャリアについて考えたいけど、やり方がわからない…

本日は、こんなお悩みについて解決法をお伝えできればと思います。

キャリア開発って何?

キャリアを開発するということは、シンプルに考えると、

『自分自身の生き方を自分で決めて行動していく事』

だと考えています。

自分自身の生き方を考える手法

じゃあ自分自身の生き方って何?という話ですが、
例えば、私の例でいうと、

〜Step1〜 何でもいいから、自分が今したい事をあげる!
私の場合、「飲食・観光業界のキャリア支援をしたい!」

〜Step2〜 5W1Hのフレーズに当てはめて考えてみる!

→①誰のため(Who)?『業界に関わる全ての人』
→②なぜ(Why)?『1人1人が多種多様なキャリアを築け、幸せにしたい』
→③いつ(When)?『30歳までに』
→④どこで(Where)?『長野県』
→⑤何をする(What)?『キャリア支援やワークショップ』
→⑥どのように(How)?
『キャリアに伴走できる手法を持つ事が必要』

〜Step3〜 どのように(How)の内容を具体的にする

手法:キャリアカウンセリング・コーチング・ワークショップなど
どうすればできる:講習に出席・資格取得など

自分で決めて行動していく手法

〜Step4〜
どのように(How)が決まれば、スケジュールに落とし込む
コツは目標日程から逆算する事です!

例:
①2016年4月までに、キャリアカウンセリングを実務として
使えるレベルまでにする。
②2015年12月までに、キャリアカウンセラーの資格を取得
③2015年6月から受講開始〜試験
④2015年4月にガイダンス申し込むなど

〜Step5〜 決めた事を行動し、振り返る習慣を作る

あとは、決めた事を行動しながら、定期的に振り返りながら、
軌道修正していきます!

キャリア開発は誰でもできる!

今ご説明した内容は、あくまで一例です。
下記のような様々なキャリアについての希望や悩みにも反映できると思います!

・将来は自分のお店を持ちたい!
・今のお店や組織で昇進したい!
・お客様にもっと喜んでもらいたい!
・別の業界へジョブチェンジしたい!など

キャリア開発をしていく中で大切になってくる事が、

自分で決めた事を行動し、振り返り、改善していく事です!

私も経験があるのですが、日々の生活の中で、自分じゃコントロールできない出来事が沢山あり、その中で自分1人で、キャリア開発を行う事が大変な時もありました。

そんな時に、隣にキャリアコンサルタントがいてくれた時があり、
客観的に自分を見つめ直せたり、アドバイスをしてくれたりと非常に助かった経験があります!
Step1〜5の方法を自分自身でやってみて、1人でも多くの方の悩みが、解決できれば嬉しいです!
やってみて、中々うまくいかない・・・誰かの助けが欲しい!
もっと具体的にしたい!というお気持ちがあれば、是非ご相談ください!

<合わせて読みたい記事>
【飲食業界で経験を活かして正社員で転職したい方必見!】おすすめ転職サイト『クックビズ』のご紹介
【飲食業界から転職を検討している方へ】本の紹介!これから先の”働く”を考える『10年後の仕事図鑑』のすすめ
【飲食業界から転職を考えている方必見!】自分の市場価値がわかる転職支援サービス『ミイダス』のご紹介

-キャリアアップ

© 2020 foodcarriére(フードキャリエール)