キャリアアップ

【未経験から飲食業界へ就職・転職する方へ】初めて飲食業界で働く時に1番大切なこと

こんにちは!
飲食・観光業界のキャリアにエールを送る!
フードキャリエールのキャリアコンサルタント宮原です。

私は、料理専門学校を卒業して飲食業界で5年と、
転職して人材業界で6年働いた経験から、飲食業界に関わる人のキャリアにエールを送るために、情報発信からキャリアカウンセリング・コーチング・ワークショップ運営などを行なっています!

本日は、こんな悩みを抱えている方へ向けた内容になっています!

  • これから飲食業界へチャレンジしたい
  • 初めてで不安な気持ちがある
  • なぜ飲食業界を選んだのか明確な理由がない
  • 他の人の体験談を聞いて自分の糧にしたい

私の体験も踏まえながら下記のことをお伝えしたいと思います!

はじめに結論からお伝えすると…
私が考える飲食業界で働く時に一番大切な考えは、

「自分の価値観を知る」
という事がとても大切になってきます!

私が、飲食業界に入ったきっかけ

私が飲食業界へ興味を持ち始めたのは、小学校の時に見たテレビドラマ「ソムリエ」です。稲垣五郎さんが主演を務めており、毎回かっこ良くワインを開けたり、サービスしていた姿がとても印象的でした!
小学校の卒業文集にも将来の夢はソムリエ!と書いていたほど憧れていました。

最初のきっかけは、純粋にかっこいい!憧れる!
という単純なものでした!

そこから数年が経ち、高校生の時に、辻調理師専門学校のオープンキャンパスに参加し、飲食業界に入ろうと決意したのです。
※学校時代のお話は、また後日に。。。

初めて経験したアルバイト

高校3年生の時に、テニス部所属していた私は、最後の大会が終わると同時に、地元のイタリアンレストランにアルバイトとして働き始めました。
高校生だったので、毎日21時までしか働くことができなく、
平日は学校が終わってから21時まで、休日はフルタイムで働いていました。当時は、オープンキッチンだったので、前菜や、ピザをメインに作っており、お客様の前で、ピザ生地を回したりしていました!

自分の作った料理で、目の前のお客様が食べて喜んでいる姿を見たり、子供からお年寄りまで笑顔になる姿を見て、涙が出そうになったことを今でも覚えています。

「自分は、人の笑顔や喜んでいる姿を見ると嬉しい気持ちになるんだなーと感じた瞬間でした!」

自分が喜ぶ瞬間を知る事の大切さ

私の飲食業界に入ったきっかけなどを簡単にお話させていただきました!その中で私が大切な事だと思うのは、最初にもお伝えした通り、

自分が喜ぶ瞬間を見つけて知る事だと思います!

実はこれってシンプル故に、見落としている事が多いです。
最初は、憧れや夢や希望を持って働き始めたのに、仕事で辛い事や大変な事があったり、毎日の忙しい中で、段々と埋もれてしまう事が多いと思います。

自分の喜ぶ瞬間や価値観を見つけて、「あ〜自分ってこんな風に思ってるんだな〜」と知る事だけでも価値があります。

これから飲食・観光業界に入る方は是非、

なぜ自分はこの業界に入ろうと思ったのか、何に価値を感じたのかをノートやスマホなどに記録しておく事をオススメします!

後から見返したり、仕事していく上でアップデートされていくので、
自分の成長を見返したい時や、迷った時に役立ちます!

1人だと中々、時間が取れない、やり方がわからないなど相談があれば、是非ご相談ください!

<合わせて読みたい記事>
【飲食業界でのキャリアアップに役立つ!】おすすめ国家資格のご紹介
・自身の適職ポジションについて考えるサイト内記事)
・自分の市場価値がわかる転職支援サービスの紹介(サイト内記事)

-キャリアアップ

© 2020 foodcarriére(フードキャリエール)