飲食業界

飲食店が休業に!従業員がもらえる補償や助成金一覧

こんにちは!
働く人のキャリアにエールを送る!
キャリアコンサルタント宮原です。

私は、以下の経験を通して、キャリアについて情報発信やキャリア支援を行なっています!

  • 料理専門学校を卒業して飲食業界で調理・サービス
  • 人材業界で求人広告・人材派遣・人材紹介・キャリアカウンセラー 
  • 副業でブログ運営やコーチング

本日は、こんなお悩みに対して書いた記事です!

・コロナウィルスで働いている飲食店が休業に!給与補償はあるの?
・大好きな飲食業!生き残るのに何か良い方法はないの?
休業中にできる事って何かあるかな?

ご紹介する記事の内容

・飲食店が休業になった時の個人への補償一覧
・飲食店(事業主向け)への雇用関係補償
・飲食業界で休業中にできる事

この記事の根拠は?

・5年間の飲食経験・7年間の人材業界経験で、500名以上転職相談経験
・キャリアコンサルタントやコーチング経験あり

・現職で、助成金申請業務あり

私自身の経験と、大好きな飲食業界で働く人たちのキャリアにエールを送れるよう情報をお届けしたいと思います。

もしも休業・失業になった時の補償一覧

飲食店で働いていて、コロナウィルスの影響でお店が休業になり、その間の給与などはどうなるのか?と不安な方も多いのではないのでしょうか。

いくつか補償制度があるようなのでピックアップしたいと思います。

生活福祉資金貸付制度(個人向け)

厚生労働省 HP

新型コロナウィルスの影響で、休業・失業した世帯を対象に特例貸付を行う制度です。

・主に、対休業者向け…緊急小口資金(一時的な生活資金)
・主に、対失業者向け…総合支援資金(生活の立て直し資金)

※無利子・無保証人で貸付を行なっています。

【問い合わせ先】

休業、失業があった場合には、各都道府県自治体の「社会福祉協議会」へお問い合わせください。→問い合わせ先一覧

休業手当(個人向け)

厚生労働省 HP

労働基準法第26条で、「会社に責がある理由で、従業員を休ませる場合、休業期間中に休業手当(平均賃金の60%)を支払わなければならない」とされています。

今回のコロナウィルスも同様、例としては、

【休業手当が出るケース】
・発熱のみで会社が従業員を休ませるケース
・保健所や医療機関から出勤可能と言われているが従業員を休ませるケース

【休業手当が出ないケース】
・発熱等の症状で、従業員が自己都合で休むケース
・国や都道府県からの指示で、従業員が休むケース

【問い合わせ先】

各都道府県にある特別労働相談窓口へ→問い合わせ先

傷病手当金(個人向け)

厚生労働省 HP

傷病手当金とは、業務外の理由で仕事ができなくなった場合に、所得補償を行う制度です。

新型コロナウィルスでも対象になります。

【問い合わせ先】
加入している健康保険の保険者にご確認ください。
・全国健康保険協会支部一覧
※健康保険協会もしくは、会社の健康保険組合
不明な場合は、雇用先の会社に聞いてみましょう。

飲食店側(事業主向け)の補償一覧

休業や失業に伴う補償について、
飲食店側にもできる助成金がいくつかありますので、ご紹介したいと思います。

雇用調整助成金(事業主向け)

厚生労働省 HP

経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業・教育訓練・出向などを行い、労働者の雇用維持を図った場合に休業手当、賃金の一部を補償する制度です。

【対象になるケース】

■新型コロナウイルス感染症の影響で、事業活動を縮小した結果、受注量が減ったために事業活動が縮小した場合

■行政からの営業自粛要請を受け、自主的に休業を行い、事業活動が縮小した場合

■市民活動が自粛されたことにより、客数が減った場合

■風評被害により観光客の予約キャンセルが相次ぎ、これに伴い客数が減った場合

■労働者が感染症を発症し、自主的に事業所を閉鎖したことにより、事業活動が縮小した場合

厚生労働省 HP

【問い合わせ先】

各都道府県の労働局及、ハローワークへ

小学校休業等助成金(事業主向け)

厚生労働省HP

新型コロナウィルスの影響で、小学校等が休業した場合に、保護者である労働者の休職い伴う所得減少に対応するための助成金です。

正規・非正規問わず、労働基準法の年次有給休暇とは別に、有給を取得させた企業を助成します。

【問い合わせ先】

<学校等休業助成金・支援金等相談コールセンター>
0120-60-3999
受付時間:9:00~21:00(土日・祝日含む)

飲食店が休業に!自分自身でできる事とは?

休業期間中は、『自分を見つめ直すチャンス』です!

・飲食業界で生き残れるように勉強する
・自分のキャリアを見つめ直す
・新しい事業を考えてみる
・転職活動をする
・自分で稼げる力をつける

私も飲食業界で経験を積み、現在は人材業界でキャリアコンサルタントをしながら、ブログを運営したり、飲食業界のキャリア支援などを行なっています。

そんな私がおすすめするのが『在宅で仕事ができるスキルを身につける』です!
こちらの記事でご紹介していますので、ご覧ください!

この記事が皆様のお役に立てば幸いです。

<合わせて読みたい記事>
【飲食店で働きながら副業したい方必見!】オススメ副業サービス3選
飲食業界で転職のコツを紹介!おすすめ転職エージェント・求人サイト6つ
【飲食から転職】未経験からでも失敗しない!おすすめ転職サイト・エージェント6選

-飲食業界

© 2020 foodcarriére(フードキャリエール)