転職ノウハウ

【転職に有利になる!業界別・おすすめ資格20選】資格なしからの転職成功術も紹介!

こんにちは!
働く人のキャリアにエールを送る!
キャリアコンサルタント宮原です。

こんなお悩みありませんか?

  • そもそも資格がないと転職に不利なの!?
  • どんな資格があれば転職に有利なの?
  • 資格がなくても、良い転職ができるの?
  • 何か良い転職サービスはないの?
記事内容
  1. 資格があれば転職に有利!ただし30代以上は、実務経験セットになる。
  2. <業種別>転職に有利になる資格20選
  3. 資格なしから、転職を成功させる方法
  4. おすすめ転職エージェント紹介

この記事の根拠は?

・5年間の飲食経験・7年間の人材業界経験で、500名以上転職相談経験
・自らも、異業種へ転職する際に、資格取得と実務経験を積むことに成功!

記事の後半では、『おすすめ転職エージェント』をご紹介します!

私自身の経験が、皆様のお役に立てればと思います!

資格があれば転職に有利!ただし30代以上は、実務経験セットになる。

結論からお伝えすると、『資格があると、”転職に有利”』です。

なぜなら、資格がある事で、資格に関わる”知識””やる気”が伝わるからです。
資格が無い人・ある人だと、当然ある人の方が採用されやすいです。

ただし、ここが大事で、”前提として『実務経験』求められるケースが多いです。”

理由は、企業は利益を出さないといけないからです。

具体的には、下記のように、『資格<実務経験』です。

・SE募集:×経験なし・ITパス資格あり<経験あり・ITパス資格なし
・事務員募集:×経験なし・MOS資格あり<実務経験あり・MOS資格なし
・人事募集:×経験なし・キャリアコンサルタント資格あり<経験あり・資格なし

20代であれば、ポテンシャル採用で、育てて戦力にしていく可能性がありますが、
30代を超えてくると、中途採用の場合、実務経験を求めます。

経験の無い職種へ転職したいのであれば、
20代は資格取得しながら、早めにその業界へ転職。
30代以上は、実務経験を優先にしながら、現職で積むor副業で積むのか決めます。
もちろん資格取得した方が、”知識とやる気”の証明になるので、そこも頑張ります。

結論は、『資格があると、”転職に有利”』
ただし、30代以上は、実務経験の方が優先になる!です。

<全業界・業種別>転職に有利になる資格20選

ここでは、『全業界で転職に有利になる資格』『業界別で転職に有利になる資格』を紹介します。

前提として、『資格<実務経験』のパターンが多いです。
※ただし、この記事では触れませんが、医師・看護師・保育士・気象予報士・パイロット等の『資格=実務経験』の国家資格が無いとできない仕事のパターンもあります。

<全業界>転職で有利になる資格5選

MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)

資格内容:WordやExcelなどのマイクロソフト製品の実務スキルを証明するための資格です。
おすすめ理由:どの会社でもPCを使用して仕事する事が、当たり前になってます。MOS資格を所有している事で、PCスキルの証明になり、採用時の1つのポイントになります。
受験料金:
・「MOS 2016」
スペシャリスト  9,800円
エキスパート 11,800円
・「MOS 2013」
全科目 9,800円
・「MOS 2010」
スペシャリスト 9,800円
エキスパート 11,800円
※通信講座やテキスト代別

※参考サイト:
ユーキャンのマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)講座
MOS公式サイト(オデッセイコミュニケーションズ)

ITパスポート(国家資格)

資格内容:ITパスポートは、“ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる資格です。”
おすすめ理由:どの企業でもIT環境の整備が勧められています。
ITパスポートを所持している事で、IT環境についての基本知識がある事が証明されます。

受験料金:5,700円
※通信講座やテキスト代を除く

※参考サイト:ITパスポート試験(情報処理推進機構)


普通自動車運転免許

資格内容:自動車を運転する際に必要になる資格です。
おすすめ理由:地方に行くと、車社会で生活になくてはならない資格です。
仕事でも、通勤手段、営業、配送など、資格がある事で選択の幅は一気に広がります。

日商簿記検定

資格内容:会社のお金の流れを帳簿に記録するためのルールを学ぶのが”簿記”です。会計知識は、ビジネスにおいての「共通語」と言われています。簿記と会計が存在しない会社は無いので、社会人として持っておいて損はない資格です。

おすすめ理由:経理や財務職求人には、必須資格に上がっています。
さらに一般事務や営業事務でも、活かせる場面があります。
営業職でも、顧客の財務状況を調べる時に役立ちます!


受験料金:
1級 7,850円
2級 4,720円
3級 2,850円
※通信講座やテキスト代を除く

※参考サイト:
ユーキャンの簿記3級講座
簿記試験について(日本商工会議所)

TOEIC

おすすめポイント:どの企業でもグローバル化が進んでおり、
英語スキルがある事で、どのポジションでもプラスに働きます!

一般的には、企業が求めるスコアは600点以上と言われています。

参考サイト:ユーキャンのTOEIC(R)テスト講座

<業種別>転職で有利になる資格15選

<IT業界>転職で有利になる資格

<IT業界>

基本情報技術者

主に、プログラマー・エンジニアで働き始めた人や、これから働こうとする方を対象にした資格です。IT業界で働きための基礎知識を所有しているか証明できる資格になります。

受験料金:5,700円
※通信講座やテキスト代を除く

応用情報技術者

基本情報技術者資格の上位に位置付けられています。
応用的なIT知識及び技能を証明する事ができます。ITエンジニアとして上を目指したい方が取得するケースが多いようです。

受験料金:5,700円
※通信講座やテキスト代を除く

※参考サイト:独立行政法人 情報処理推進機構 

<広告業界>転職で有利になる資格

Illustratorクリエイター能力認定試験

グラフィック制作ツール「Illustrator」の操作スキルを証明する資格です。
主に、雑誌やWEB広告などの、イラストを書く事ができます。

資格取得は必須ではありませんが、実務経験を積めない場合は、使える証明として取得する事もおすすめです。

受験料金:7,600〜8,600円
※通信講座やテキスト代を除く

photoshopクリエイター能力認定試験

画像編集ソフト「photoshop」の操作スキルを証明する資格です。
広告に使う画像を編集や加工する事で、ユーザーに見栄えよくする事ができます。

Illustratorと同じく、資格は必須ではありませんが、
画像加工スキルの証明になります。


受験料金:7,600〜8,600円
※通信講座やテキスト代を除く

※参考サイト:クリエイター能力検定試験(サーティファイ)

<製造業界>転職で有利になる資格

フォークリフト免許

フォークリフトを運転するために必要な資格になります
主に、工場、物流倉庫、工事現場などで活躍する資格です。
物流業界では人手不足が続いているので、フォークリフトの免許がある事は強みになります。

受験料金:20,000〜40,000円前後
※科目免除や各指定機関により異なります。

※参考サイト:一般社団法人日本クレーン協会

アーク溶接

金属構造物を溶接する際に、電気エネルギーを用いて熱を発生させて溶接する方法を『アーク溶接』と言います。

危険も伴う作業なので、資格が必要になります。
資格が取れれば、製造業で”手に職”が付きます!

受験料金:10,000〜25,000円
※各指定機関により異なります。

玉掛け作業者、クレーン運転士

玉掛け作業者:クレーンなどに荷物を駆け下ろしするための資格
クレーン運転士:クレーン機を操作するための資格

一見、クレーン資格だけあれば、OKなように思いますが、実は、玉掛けの資格がないと、荷物の駆け下ろし作業は、法律で禁止されています。

この両方がある事で、工事現場や工場内のでクレーン作業ができるようになります。

受験料金:
玉掛け作業者:20,000〜25,000円
クレーン運転士:20,000〜30,000円
※各指定機関により異なります。

※参考サイト:一般社団法人日本クレーン協会


・電気工事士(国家資格)

第二種電気工事士:電圧600V以下の電気工事※一般家庭等(配線・電気設備工事)
第一種電気工事士:最大電力500KW未満の電気工事※ビル、工場(配線・電気設備工事)

電気工事士の免許がある事で、製造業での工業内の機械メンテナンスや生産技術の仕事ができるようになります。

受験料金:50,000〜10,0000円前後※1種・2種、全ての費用含む
※各指定機関により異なります。
※通信講座やテキスト代を除く

※参考サイト:全日本日本電気工事業工事組合連合会

・2次元CAD利用技術者試験

製造業などで活躍できる資格です。
CADシステムを用いて、設計・製図の仕事に関わる事ができます。

受験料金:4,000〜15,000円
※各指定機関により異なります。
※通信講座やテキスト代を除く

※参考サイト:一般社団法人コンピュータ教育振興協会

<人材業界>転職で有利になる資格

キャリアコンサルタント(国家資格)

人生100年時代と言われるようになり、自分自身及び社員のキャリア形成に力をいれる企業も増えてきました。
キャリアコンサルタントの役割は、キャリアカウンセリング・セミナー・評価制度など多岐に渡ります。

講習料金:300,000〜400,000円前後
※各指定機関により異なります。

※参考サイト:厚生労働省 キャリアコンサルタントについて

産業カウンセラー

キャリアコンサルタントと似ていますが、メンタルヘルスや職場環境の改善などに力を入れている事が特徴です。

ストレスにより心身に不調を抱える社会人が増えている中、資格の重要度も増しています。

講習料金:200,000〜300,000円前後
※各指定機関により異なります。

※参考サイト:一般社団法人産業カウンセラー協会

<飲食業界>転職で有利になる資格


・調理師(国家資格)

料理人として、調理技術・栄養知識・衛生知識を証明するための資格です。
通常のレストランなどでは、資格なしで働けると事が多いですが、
病院・介護施設・社員食堂・商品開発等の募集では必須の確率が高いです。

受験料金:6,000円前後
※通信講座やテキスト代を除く

※参考サイト:調理師指導協会

・ソムリエ

飲料・酒類取り扱いのプロフェッショナル資格です。
資格がある事で、ワイン含めた酒類知識だけでなく、実務ができる事も証明できます。

試験料金:17,000〜25,000前後
※スクールに通う場合、教材費や受講料は別

※参考サイト:一般社団法人日本ソムリエ協会

<金融業界>転職で有利になる資格

ファイナンシャルプランナー

税金・投資・住宅ローン・不動産・教育・老後・相続などのライフプランに関わる”金融”知識を証明する資格です。

主に、金融系営業や保険営業でも活躍の場があります。

試験料金:

3級:7,000円程度
2級・AFP:7,000円程度
1級:13,000円程度
CFP:50,000円程度
※各指定機関により異なります。

※参考サイト:
ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)講座
日本FP協会HP


・証券外務員

証券会社・銀行・保険会社などで”証券業務”を行う際に必要になる資格です。
証券業務とは、有価証券の売買や上場企業の株式を投資家へ提案する業務です。

試験料金:8,704円
※通信講座やテキスト代を除く

※参考サイト:日本証券業協会

<建築・不動産業界>転職で有利になる資格

・宅地建物取引士(国家資格)

住宅購入などの不動産購入の際に、契約に関わる”重要事項”を説明できるのが『宅建資格』になります。
不動産店舗には、一定数の割合で有資格者が義務付けられています。
資格を取得する事で、転職の際にも有利になります。

試験料金:
試験のみ:7,000円
+スクール受講の場合:200,000〜250,000円
+通信講座の場合:50,000〜150,000円

※参考サイト:ユーキャンの宅地建物取引士(宅建士)講座


・建築施工管理技士(国家資格)


建築現場の管理者としての技術力と管理能力を認める国家資格です。
有資格者は、建築現場の監督業務や施工管理を行う事ができます

建築業界が人手不足と言われる中、市場価値は高まっています。

試験料金:
2級:学科・実施それぞれ4,700円
1級:学科・実施それぞれ9,400円
※通信講座やテキスト代を除く

参考サイト:一般社団法人建築業復興基金

<医療・介護業界>転職で有利になる資格

・介護職員初任者研修

介護初任者研修は、介護の基礎スキル、知識がある事を証明できる資格です
最短1ヶ月で取得できる資格なので、これから未経験で介護業界にチャレンジしたい方におすすめの資格です。

受験料金:60,000〜100,000円前後
※各指定機関により異なります。

※参考サイト:ニチイ 学びネット

・介護福祉士(国家資格)

介護福祉士は、専門知識を活かして利用者の身体上、精神上のケアや現場介護スタッフへの教育、指導など多岐に渡り活躍できる資格です。

介護施設で実務経験を積み、さらなるキャリアアップを目指す方にピッタリの資格です。

受験料金:
10,650円※実務経験後に取得する場合
福祉系の高校もしくは、大学や養成施設に通う場合は+学費
※各指定機関により異なります。
※通信講座やテキスト代を除く

※参考サイト:
ユーキャンの介護福祉士講座
社会福祉振興・試験センターホームページ


・ケアマネージャー

別名、介護支援専門員と呼びます。
利用者の状況に応じて、ケアプランを作成します。
利用者のご家族ともコミュニケーションを取りながら、現場の介護スタッフとも連携し支援していく、やりがいのあるお仕事です。

受験料金:8,000円前後
※別途スクール料金など

※参考サイト:
ユーキャンのケアマネジャー講座


”資格なし”から転職を成功させる方法

最後に、”資格なし”からでも、転職を成功させる方法をご紹介します!

結論は、”『実務経験』を積みながら仕事を探す”です。

具体的には、下記の①〜③で進めていきます。

  1. 転職したい業界の企業・求人情報をチェック
  2. 企業が求職者に求める【必須項目】をチェック
    ・実績/経験が必要な場合:現職で積めるか検討、難しければ副業で積む
    ・スキル/資格が必要な場合:働きながら資格取得を目指す
  3. 転職エージェントを活用し、市場価値診断・求人探しも手伝ってもらう

私も飲食業界から未経験の営業職へ、転職エージェントを活用し、転職成功できました!

是非、試してみたください!

すすめ転職エージェント『リクルートエージェント』

リクルートエージェント HP

リクルートエージェントは転職支援実績No. 1の大手リクルートキャリアが運営する転職支援サービスです。全業種、職種に対応しており、自分の市場価値を知りたい方にピッタリです!

私も利用させていただき、実際に転職成功もしております!

リクルートエージェントのメリット

  • 業界トップクラスの求人件数!一般公開以外の非公開求人案件も10万件以上!
  • 質の高いキャリアコンサルティング!履歴書・職務経歴アドバイスはもちろん、面接対策・入社までの条件交渉もしてくれる!
  • 今すぐ転職しない方もおすすめ!豊富な転職支援実績と、ノウハウで、自分自身のキャリア棚卸し・具体的にどういったスキルを身につければ転職できるかなどアドバイスも!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事の結論は変わらず、

『資格があると、”転職に有利”』
ただし、30代以上は、実務経験の方が優先になる!です。

自分が転職したい業界や求人情報をチェックし、

資格をとるのかor実務を積むのかを状況をみながら判断していきましょう!

この記事が皆様のお役に立てば幸いです。

<合わせて読みたい記事>
『ジョブ型雇用』で変わる3つのこと〜飲食からリクルートへ転職したキャリアコンサルタントが考える〜
新しい働き方を知れる本の紹介!『転職と副業のかけ算』

-転職ノウハウ

© 2020 foodcarriére(フードキャリエール)